軍都、商都、工業都、そして交通の要衝として発展した小倉。
 小笠原統治の藩政時代から交通の要衝として繁栄した小倉の町。明治以降、軍都・商都として発展を続けたまちの記憶を絵葉書に観る。明治・大正期の古い町並み。一部昭和初期の写真も追加掲載。


常盤橋(大正末)よく知られる広告塔とは別仕様の広告等

KKM001■赤坂延命寺付近を行く九軌電車(大正11年頃) KKM002■砂津停車場(明治45年)開業1周年記念
KKM003■魚町停留所(大正初期)九軌電車 KKM004■延命寺停留所(大正初期)九軌電車
KKM005■小倉室町通り(大正中期)常盤橋東詰広告塔 KKM006■室町通り(大正中期)常盤橋東詰広告塔
KKM007■常盤橋(大正11年頃)広告塔の形状違い KKM008■常盤橋通り(昭和初期)広告塔の撤去後
KKM009■室町通り(大正初期) KKM010■勝山閣前(大正末)勝山橋から室町方向
KKM011■宝町記念病院(昭和10年) KKM012■宝町梅屋旅館(大正初期)
KKM013■門鉄小倉工場(昭和9年) KKM014■小倉停車場本線(大正中期)
KKM015■企救の高濱(大正中期) KKM016■八坂神社(大正中期)現在地へ移転前
KKM017■北九州工業一覧図(大正14年)北九州の呼称が登場! KKM018■小倉港入口(大正初期年)
KKM019■紫川(大正中期)上流の小倉製紙方向を望む KKM020■紫川河口(大正末)
KKM021■小倉製紙会社(明治末) KKM022■小倉製紙所第2号妙紙機械(大正中期)
KKM023■紫川口九鉄線付近(明治末) KKM024■発電所(大正初期)九軌発電所
KKM025■赤坂山下(明治41年頃)九軌電車開通前 KKM026■赤坂海岸(大正末)海岸線を行く機関車
KKM027■大坂町通り(大正末)九軌電車 KKM028■小倉製油所(大正末)
KKM029■舊台場海岸(大正末) KKM030■市外延命寺の桜(大正初期)
KKM031■延命寺海岸根上の松(大正初期) KKM032■妙見社(大正初期)
KKM033■小倉偕行社(大正末) KKM034■偕行社(大正中期)
KKM035■歩兵第14連隊営門(大正中期) KKM036■北方町(大正初期)連隊と馬車鉄道線
KKM037■小倉練兵場ノ景(大正初期) KKM038■九州電車開通式記念(明治44年)
KKM039■不動貯金銀行(大正中期) KKM040■市外安部山公園の桜(明治末)
KKM041■小倉競勝山城趾(大正初期) KKM042■小笠原城跡(大正中期)
KKM043■小笠原城跡(大正初期) KKM044■小笠原城跡(大正中期)
KKM045■勝山城趾ノ景(大正初期)九軌電車 KKM046■小倉脳病院運動場(大正中期)
KKM047■市外延命寺の桜(大正初期) KKM048■小倉市企救軍連合衛星会(明治末)
KKM049■小倉市圓応寺筋指月館(明治末) KKM050■小倉市圓応寺筋指月館(明治末)
KKM051■第2回小倉市製産品評会売店(明治末) KKM052■米町女子尋常小学校児童文芸会(大正初期)
KKM053■小倉中学校野球庭球(大正初期) KKM054■小倉高等女学校講堂(明治44年)

KKM055■小倉市立小学校学芸展覧会(明治末)

※ここに掲載している絵葉書(印刷物)の画像データ提供等も相談に応じます。問い合わせはこちら
希望の方は問い合わせフォーム内容欄に希望品名を記入しお申し込みください。

※ここに掲載の絵葉書は、今までに収集した資料のうち原則として発行後50年を経過したものを中心に掲載しています。
万一、関係者の方で不都合が生じる場合は、管理者へご連絡ください。掲載を中止させていただきます。


当サイトで使用している画像・文章等の無断使用並びに無断転載はご遠慮ください。
Copyright 2007-2009(C) Map Communications Museum. All Rights Reserved.