博多・冷泉地区(旧冷泉小学校区)まちづくり戦後史 1945〜2007


福岡大空襲と終戦
福岡進駐と接収統制
戦後復興計画
商店街・歓楽街の復興
町世話人制度
博多祇園山笠と地域住民
博多松ばやし・おくんちと住民
昭和30年代のにぎわい
町界町名改正・流存続の危機
自治連合会の発足
博多駅の移転
店屋町界隈の変化
市内電車の廃止と地下鉄登場
櫛田神社と冷泉地区
地域教育
冷泉小学校の統廃合
地域の活動(運動会・成人式etc)
昭和から平成へ
町世話人制度廃止と自治協発足
地域の課題と未来


トップページへ
博多・冷泉地区の戦後と自治連合会40年のあゆみ
店屋町界隈の変化
繊維問屋の町は今、飲食店の町に。

 店屋町界隈は戦後の復興期、縦筋の赤間町や厨子町には古くからの職人が多く住み、横筋の店屋町、古小路町界隈には大小の繊維問屋が立ち並んで一大問屋街を形成していた。しかし、周辺環境が変化する中、昭和四十年代末、東区多の津に流通センターが開業し、店屋町界隈の大店の多くが同センター開業と同時に移った。
 昭和三十年代から四十年代前半にかけて、店屋町界隈ではゴルフとカメラの趣味が流行った。ブラジレイロの先代、中村安衛氏もカメラが趣味で仲間と博多銀陽会というサークルに入り、撮影旅行に出かけたという。
 ブラジレイロは戦前、東中洲の那珂川縁にあって、北原白秋や原田種夫などの文学人が集う文化サロンとしてその名を知られた。昭和十九年、戦時下の強制疎開により立ち退き、戦後は昭和二十一年から上奥堂町で店舗を再開、昭和二十七年に現在地である店屋町へ移った。
 店屋町に店を構えた理由は問屋街として活気があったからだという。当時は夜十一時まで店を開け、問屋街の人々が昼夜を問わず店を訪れる活況であった。
 その後ブラジレイロは流通センターが開業した際、問屋街の仲間から誘われて流通センターの卸会館に出店したが、直後のオイルショックの影響もあって売上げは伸びず一年半で退店したという。大店が転出して町の様相が一変、それに対応するためのチャレンジであった。
↑問屋が立ち並ぶ下赤間町界隈(昭和39年)

 その後、店屋町は福岡ファッションビルの開業により、再び中小の繊維問屋が町から流出する危機に遭遇する。前後して市内電車も廃止され、表通りから一気に人通りが減少する。呉服町角の博多大丸も天神へと移転、一帯は高層ビルが建ち並ぶオフィスビル街へと変化した。
 戦前から一環して旧電車通り(明治通り)に店舗を構えていた書店の丸善も平成十六年四月に閉店し、軒を連ねていた都銀の支店は今は一軒も無く往時の面影は失われている。
 店屋町界隈は平成に入る頃から次第に飲食店が増え、今では路面にある商店の大半が飲食関係である。町を構成する旧来からの住民は少なく、町内活動の維持や文化伝承にも苦慮する時代となっている。




ご使用になるブラウザはInternet Explorer5.0、Netscape Communicator5.0以上を推奨しています。
掲載写真・地図等の無断転用はご遠慮ください。
Copyright(C)2007-2008 Internet Hatsusaburo Musium. All Rights Reserved.